読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

昨夜帰宅して、風呂からあがって台所で水を汲もうとしたら、流し台に赤舌平目が4尾そのままに置かれているのにぎょっとした。下処理もそのままに母が病院に駆け付けたのだった。1尾はまだ鱗が付いていて、包丁の背で剥いだものを煮ておいた。今日は外食ですませたので明日以降食べる。

ぐったりと裏表の秩序なく横たわる平目は薄暗い照明の下にあって今道子のモノクロ写真の印象だったと思い返すが、すでに記憶をフィルターにかけたからかもしれない。2尾で500円前後とのこと。安い。

 

リサイクルショップに用があって、数件回ったがどれも移転や閉店してしまっていてあららとなった。