あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年の冬至に日記をつけたが投稿していなかったようだ。ゆず風呂に入ったとかかぼちゃを食べたとかそんなことを書いた。ゆずが体に沁みてささくれたところがちくちく痛むのを面白い体験と感じ…

夜、家の前の道を下っていく。街灯があまりないため月明かりと手元のタブレットの明かりに頼る。ヒールの高い靴で一日中立ち続けたように、足指の付け根の部分が歩くたび痛み、連動して頭痛もしていた。大きな道に合流したところで足の痛みが限界に達し、家…

起きてスマホの画面を見ると8時31分で、始業は8時半からなので、もうすでに遅刻している。最近気持ちがだれているかもしれない。起き上がったが頭の回転は鈍く、惰性で服を着替えて歯を磨き、顔を洗って外に出る。開き直りそんなに慌てない。毎週水曜日は地…

すっかり時間が経っていた。季節を一つ取りこぼした、もう冬ですね。夏からこの頃までの大きな出来事として無傷ではあるが車の事故にあったり、ひとつ歳を重ねたり、関東を旅行したりした。同じ時の中にあって世間も大きく動くため自分の動く速度が鈍いよう…

家庭科の授業を受けているのだが、内容が延々とゲームの歴史ばかりなので居眠りしてしまい、頭に入らない。女性の教師にDS等でゲームした経験はあるのかと訊かれ、ないと答えると困り顔でテスト範囲だから頑張って暗記しなさいと言われる。友人に試験はどう…

自治体のプールから帰ると、猫が塩素の匂いに興奮して常になくひっついてきた。自分の履いてた靴に頭突っ込んでかき抱いてる姿なかなか複雑だな、そんなににおうのか…。しばらく玄関で転がっていた。その様子の動画を取ったので時々見返すことにする。 ワセ…

春から気がかりだったことが解決してほっとしている。 煎りたてピーナツせんというせんべいを食べる。賞味期限ぎりぎり2日ほど切れていて、せっかく煎りたてを謳っているのに売りを裏切ったようで申し訳ない。 こうも暑い日が続くと参ってしまいそうになるが…

日中空調の効いた場所にいるので、夏真っ盛りだが年間通して長袖を着ている。暑いときは腕まくりするのだが、たまに今日は暑いしいいだろと思って半袖一枚で過ごそうとするとこれが結構寒い。冷風がノーガードの腕に直当たりしてくる。これはいかんと常備し…

維管束スイカの季節が来た。まだ完全に熟してはいないがそこそこおいしい。スイカを縦模様と垂直に切ると、中心から皮にかけてくるっとした模様が現れる。小さい頃食べたスイカにはそんな模様なかったように思えて、調べてみるとあれ維管束のようです。昔は…

沖縄を旅行してきた。もうこれ結構過去のことになってきているな。 ・乗り物空港近くからレンタカーで移動したので、普段羽を伸ばす旅行に比べれば格段に足腰が楽で時間を考えなくていいのが快適だった。到着してさっそく沖縄だなあと感じたのは車のナンバー…

すっかりさぼっていた。 覚書 ○ものの授与を表わす動詞 あげる(やる)、くれる その他:与える、渡す、授ける、授与する 等 ○ものの収受を表わす動詞 もらう その他:受ける、受け取る 等 ①「与える」 「与える」はものの授与を表わす。中立的な言葉として…

屋根裏に動物が住みついて、騒音に困っていたので屋根を開けることにした。畳の間に脚立を置き、祖父が屋根を切り開いていく。雀やねずみや、小さなものが天井の梁に見え隠れしているその中に、ひときわ大きく美しい姿があり、目を凝らしてみれば孔雀だった…

遅刻しそうなしなさそうな微妙な時間に目が覚めて、もう0限はこのまま欠席しようかと思っているのに着替えの手は止まらない。確か月曜日は3限に外で体育があった、体操着も忘れてしまえば見学できるので、覚えていないことにしようか。目の前の箪笥には緑色…

兄と連れだって兄弟で旅に出る。豪奢なホテルに荷物をたくさん持ち込んで、ひととおり遊びまわる。緑色のりんごを持つ兄はこれをみんなに見つかってはいけないと言い含め、一方で大麻を勧めてくる。神経質で、いつも周囲に気を張っていて、弟を指導してくれ…

自宅前の空き地、昔井戸があったところは草が生い茂っている。誰かが箱を開けて2匹の猫(犬だったかもしれない)を差し出す。敷き詰められた綿の上の猫は、ジンジャークッキーのような、出来そこないのフェルトのぬいぐるみのような、茶色く平べったい様相で…

日の当たるところは夏かと思うほど暑いのに、室内は涼しいか、特に夕方以降から朝方にかけてやや寒いくらいだ。四肢が火照るので掛布団をはねのけて寝入り、しばらくして寒さに手繰り寄せようとする。今年は不慮の事故というやつで布団を焼いてしまい、焦げ…

休日のだらだらした生活習慣を引きずっているのか、とにかく寝つきが悪く明け方4時ごろまで布団でぼうっとしている。手持無沙汰につい暗闇でタブレットを開いてしまうが、当然目がさえて悪循環になる。日中はいいが反動で夕方は眠くて仕方ない。一週間とても…

パソコンを長時間つけたままにしていると、いつの間にかタスクバーの音量のアイコンが消えている。カスタマイズ画面を開いてもグレーアウトして操作できないし、なんなのだろうな。 夕方から夜に迫る時刻、車を走らせていると対向車がライトを点けだす瞬間に…

台湾の台北に旅行に行ってきた。帰国してから日中寝てばかりいる。購入したお菓子を少しずつ食べる。おいしい。 初めての海外旅行で、同行者とは現地で集合するということもあって不安もあったがなんとか二日目に無事会えた。初日は一人で先に現地入りし、駅…

日が落ちるのがずいぶん遅くなった。近所に渡す物があるついでに、池まで散歩したが気温もちょうどよくてこの時期は外の空気が気持ちいい。れんげ畑が一面に広がっているのをのどかだなあとずんずん進む。咲きはじめから段々と紫がかっているように感じるの…

竹の子に飽きてしまった。食べたい欲求が急速にしぼんでいる。 言葉を出し惜しみすると後悔することがあって、あの時伝えておけばよかったと後々思ってももう遅い。だからといってフィルターで濾し取らずにそのままを吐き出すのも後々もっと考えるべきだった…

昨夜帰宅して、風呂からあがって台所で水を汲もうとしたら、流し台に赤舌平目が4尾そのままに置かれているのにぎょっとした。下処理もそのままに母が病院に駆け付けたのだった。1尾はまだ鱗が付いていて、包丁の背で剥いだものを煮ておいた。今日は外食です…

つつじの季節になりつつある。庭の赤いものから順々に色づいて、藤や、花大根も愛らしい。弁当に入れた花大根の色味や口に含んだ時の花粉の粉っぽさと青い匂いがいかにも4月らしい。 花の話題ばかり出している。日々色々なことはあるにはあるのだが、それを…

相変わらずばたついている。4月も半ばを過ぎればひと段落するだろう。完全に春になってしまった。新潟はまだ桜は咲いていないらしい。 桜の匂いが謳い文句の商品が並ぶけれど、桜の匂いに関する共通認識ってどんなものだろうか。ソメイヨシノはほとんど無臭…

映画を見てしんどい気持ちになる。にんじんという映画。表のパッケージだけ見て、なにやら子供の話であるらしいということだけ確認して借りてきた。リトル・ダンサーを期待して蓋を開けてみたら蝶の舌だったような、しかし最後にぐっと突き落とされるような…

ばたばたしている。3月いっぱいばたばたする。 温かくなってきたかと思えば寒くなって、ここのところ人と会えば気候のことばかり話題にしている。春は来たかと思えばすぐ夏に移ってしまうから、春らしさを感じることがあればそれを取りこぼさないようにした…

女と暮らす男の視線から。家を買って女と住みつく。色気のある女で、私を好いてくれるという。古ぼけた家には戸が壁の至る所にあって全体を把握できていないが、掃除用具入れの奥に扉があるのを見つけて押し開くと寝室とダイニングが一緒になった部屋に繋が…

山々から白く煙が立ち上っていた。夕方のぬるい風が吹き抜けて、湯気のように緑茂った斜面から最初はとろとろと、次第にもうもうと煙がくゆっていく。地面の熱と風の冷たさの差によるものらしい。珍しい現象だ。これは写真に収めたい、カメラは持っていない…

庭の猫を撫でようと、屈んで見やれば沈丁花の蕾が膨らんでいた。あれはいつもは咲いて匂いが漂ってからああこの季節が来たなと分かる。もう少しすれば花開いて遠くからでも香るようになるだろう。 後部座席での移動中、方々を眺めるのにも飽きてシートの隙間…

雪でいろいろと立て込んでいた。ボイラーが凍結して風呂に入れないのには参った。配管もおかしいようで、応急処置はしてもらっているから一日だけの不便で大事ないが、まあうちはこのくらいで済んでよかった。 月曜の朝はスタッドレスの車を借りて最徐行で移…

朝、起きるとカーテンの向こうが明るくて寝過ごしたかと慌てた。雪が光を取り込んだようだ。猫が布団に入ってきて、いつにもまして起き上がりたくない気持ちがわいてくる。 眼鏡のフレームが合わなくて少し困っている。 昨年は立て続けに眼鏡を駄目にしてし…

夕方から雪が降りはじめて、明日の朝が気がかりです。路面が凍結していないといいのだが。まあ凍結するだろな。風の音がする。 寒かったので今夜は鍋だった。暖冬であったから、採れた白菜も春菊も例年よりも見た目からしてかたくて甘みがなさそうだが、煮込…

日中エアコンの効いた部屋にいるので乾燥が激しい。設備が新しくなって空調がきちんと巡るのはいいけれど、肌がぱりぱりしてくる。 ファイルや文書を保存するとき、20160107なにがし といった名前を使うことをこのんでいる。年が明けたという実感はあまりな…

あけましておめでとうございます。今年もよろしく願いします。 と書くにはもう遅いようだ。もう三が日を過ぎてしまった。 三が日という言葉の、が はひらがなでよかっただろうかとふと思って検索してみたがやはり三が日だ。普段口頭で云う言葉を書きしるす時…

暫くここの更新をさぼっていた。一度更新しなくなるとぱったり途絶えてしまうのがブログというものだと過去何度も経験しているので、完全に足が遠のくことはないように努めたい。日記を立ち上げてから日中の思考が文字によってなされるようになったので、そ…

日中ずっと引っ越し準備にかかりきりで去年の今頃より一層年の瀬を感じる。血豆になったり腕やら足やらが気づかないうちに青く染まっている。いつもの動線に物があるのがいけない。慣れた領域で手元ばかり見て足先の様々にぶつかっていくのに、だんだん慣れ…

夢 皮膚病の馬が屋根のある小屋に繋がれていて、通路はその馬の口元に届くか届かないかに渡されている。馬は時々人間になるようだ。観光客なのか、二人の若い女性が草っぱを与える。皮膚が爛れてもうほとんど毛のない馬は、涎を垂らしてそれを食べる。当然触…

お酒を克服しようと手始めに日本酒に手を出す。甘い辛いという概念がまだ分からないけれど甘いものからのんでみる。ふわふわとしていてしあわせなのは、呑む相手によるんでしょう。心を許した人とだけ杯を傾けていたい。

風邪を引いている。というよりアレルギーかもしれない。1か月ほど咳が止まらなくて、大変うるさい。 喉も若干腫れてきているようで、咳き込むと口内が鉄くさい。 症状で検索すると咳喘息っぽい。ちびまるこちゃんでもあった話と記憶しているが、家庭の医学や…

右手の親指側の盛り上がった肉の腹、ほくろのようなものがあることに気付いた。すいばりのようなものかとつねっても手ごたえはなく、痛みもないので数日放っておいた。自分の体に新しいものを見つけるということを暫くしていなかったのでしげしげと眺めてい…

本を読まなくなってしまって、これはいけないと思う。思うものの、もう離れてしまった習慣を取り戻すのに、何から手をつけたらいいのかとっかかりがつかめない。高校生の時までがピークだったな。大学に進学すると必要にかられてしか読まなくなった。そのか…